【仮想通貨】marlinの特徴・購入できる取引所は?

Marlinは、ノード間の通信を最適化することでピアツーピアプラットフォームを拡張することを目的としたオープンソースプロジェクトです。

トークンにはPONDとM PONDが存在します。

PONDとMPONDについて

POND

PONDは、100億の供給を持つ標準のERC-20トークン契約です。

ネットワーク報酬は、PONDで配布されます。PONDは、中継者に委任され、委任された中継者がプロトコルに従わない場合、大幅なペナルティの対象となる場合があります。

MPOND

MPONDは、マーリンのガバナンスおよびステーキングトークンです。提案の作成と投票に使用できます。

また、Marlinノードを実行する必要があります。

すべてのMarlinノードには、一定量のMPONDを賭けたり委任したりする必要があります。

  • MPONDの総供給量は10,000です。
  • すべてのクラスターは、累積的に少なくとも1つのMPONDを杭打ちまたは委任する必要があります。
  • MPONDを使用して、投票および提案の作成を行うことができます。ここで、1MPONDトークン= 1投票(投票はトークンとして代替可能です)。
  • 他のユーザーに委任されたMPONDトークンはロックされます。
  • ホワイトリストに登録されたアドレス(ブリッジおよびステークドロップ契約など)を除いて、直接MPOND転送はロックされます。ユニバーサル転送が有効になるまで、ホワイトリストに登録されたアドレスとの間の転送のみが可能です。
  • MPONDは、ブリッジを介してPONDに変換できます。
  • 委任または賭けられた場合、ユーザーは転送を行う前にまずトークンのロックを解除する必要があります。

ブリッジ

ブリッジコントラクトは、MPONDとPONDの間の変換に使用されます。

1つのMPONDは、ブリッジを介して100万のPONDトークンと交換できます。その逆も可能です。

PONDを購入するには?

uniswapやMXCやBinanceがあります。

MXCもBinanceも大手の取引所なので、好みで選んでください。

Cryponey.com

MXCとは2018年の4月に開設された仮想通貨の取引所です。 中国系の取引所です。 抹茶の愛称で親しまれています。 日本…

最新情報をチェックしよう!