【仮想通貨】VINchainとは?特徴・購入できる取引所は?

車の売買は、買い手と売り手に知識や情報の差が多くあります。

特に中古車は、その車にしかない固有の情報が存在します。

修復歴の有無、走行距離などが代表的なものです。

以前は、事故車を隠して販売したり、メーターをいじり走行距離を短く見せて販売したり、

一部でよろしくない販売をしている中古車屋がありました。

今はネットですぐ口コミが広がるのと、技術的な進歩で改ざんが難しくはなっていますが、売り手と買い手の知識の差は依然として変わらないです。

しかし、車の技術が進歩しているので知識の差は広がっていく一方です。

今回紹介するVINchainは、売り手と買い手の情報格差が大きい中古車市場を解決するためのプロジェクトです。

 

仮想通貨VINchainの基本情報

通貨シンボル:VIN
ホワイトペーパー(日本語):https://vinchain.io/files/VinChainWhitePaperJp.pdf

公式HP:https://vinchain.io/
最新ニュース:https://vinchain.io/blog

VINchainの特徴は?

ブロックチェーンの安全性と透明性を利用して、車両の情報を記録します。

誰も情報を偽造することはできません。

透明性のある取引ができることで、ユーザーは適切なお金で購入することができるようになります。

また、正確な情報の車両を手に入れることは安全な車を手に入れることにも繋がります。

そしてそれは、安全な交通社会を作る要因にもなります。

 

仮想通貨VINの価格と時価総額

VINchainは、かなり安い金額だといえます。
日本ではまだまだ馴染みがないですし、サービスが正式に稼働していないのでこの価格は仕方がないと思います。
しかし、正式なサービスが稼働して利用されるようになれば、かなりの値上がりが期待できます。
もちろん値上がりが期待できる一方で、価値がなくなるリスクもあります。

VINchainが取引できる場所は?

VINchainが取引できる取引所は海外取引所になります。また、取引所の数も多くなく、代表的なものは以下の2つです。

CoinTigerについては以下の記事をご覧ください。
Cryponey.com

仮想通貨の海外取引所である、CoinTigerは2017年の3月に開設された取引所です。 拠点はシンガポールです。 Co…

取引所で購入した場合は、仮想通貨を取引所に置きっ放しにするのではなく自己管理しましょう。
取引所閉鎖のリスクがあるので、なるべく必要時以外は預けないようにしましょう。
また、海外の取引所で取引する場合は、日本の取引所の口座開設が必要になります。
最新情報をチェックしよう!